くいしばりが改善しにくい人とは 大阪堺市中区の西村歯科
 
 
   
   

 

 顎関節症が治りにくい人は舌の位置の改善

 

 

■舌の位置の改善方法


舌の位置が下がっている人は食いしばりが治りにくい傾向にあります。


1,身体に力が入っている人

舌を上げる装置の製作

 


舌の正しい位置は上顎の口蓋にべたったとへばりつくようになるのが正解です。
舌の位置が上に上がらず低い位置にあればあるほど不調になる方が多いのが解っています。

舌の位置の重要性
1,口呼吸と関係
舌が下に下がると、口が開きやすくなる。
舌が上にべたっとつけると、下顎も一緒に上がり口が閉じるようになる。
一度試しにやってみてください。
口が開くと鼻と口でも呼吸できるようになる。
そうなると口の中が乾き、殺菌作用がある唾液も出にくくなるので、虫歯や歯周病になりやすくなる。
・唇があれやすく、のどがやられやすい。


2,姿勢と関係

正しい位置であるスポットに舌の先がべたっとついていて軽く口蓋を押している状態が良い状態です。舌が軽く口蓋についているか、下顎の歯についている人がほとんどです。
べたっと口蓋につくことにより重い頭を支えて姿勢を安定させます。
舌がスポットにつかないで下がった状態でいると、舌が宙ぶらりんの状態になり顔を支え切らず、顔がやや下を向くようになり体のバランスを崩します。
バランスが崩れていると、姿勢を正しい位置に戻そうとして、身体に常に力を入れて生活しています。経験的に舌が下がっている人は不定主訴が多くどこの病院に行っても原因が解らず悩んでいる患者さんが多いです。


3,呼吸と関係
舌がいつも下に下がっていると気道をふさぎやすくなる。
そうなると無呼吸になりやすく、睡眠が浅くなりがちでいつも昼間眠い感じの人が多い。
集中力や体力の持続に悪影響を及ぼす

舌が上あごにべったりついているのが正しい位置。 舌が上あごにつかず、下にあるのはダメ。


 

 

 


 

 

 

 
医院案内
院長紹介
アクセス
スタッフ募集
マスメディア実績
顎関節症
顎関節症治療
顎関節症治療コースと費用
良い姿勢とは
くいしばり改善
改善しない人とは
歯列矯正
床矯正
インプラント
入れ歯治療
歯周病
フレイル治療
質問フォーム
よくある質問

大阪府堺市中区福田868-1向井ビル2F  TEL:072-239-1518
E-mail:web@nishimura-shika.com
Copyright (C) 2008-2021 Nishimura shika. All rights Reserved