顎関節症の原因

顎関節症のパイオニア TOP
医院案内 顎関節症は大阪府堺市中区の西村歯科
アクセス 当院の顎関節症治療は約80%の患者様が健康保険での治療です。大阪で年間300(2019年1月〜2019年12月実績)を超える顎関節症治療実績の当歯科医院がアゴの悩みを解消いたします。
ご質問 堺市中区福田868-1 向井ビル2F TEL:072-239-1518
院長紹介
O-ringテスト
顎関節症
顎関節症治療
予防矯正
インプラント
床矯正
O-ringテスト
症例紹介



2種類のマウスピース

アゴの悩みネットでご相談

パワースポットの旅

抜かない歯列矯正-床矯正-

o-ringTEST
顎関節症の原因顎関節症の治療顎関節症治療コースと費用
医院案内アクセスバス時刻表院長紹介Q&Aパワースポットの旅
予防矯正床矯正症例紹介O-ringテストアマルガム歯周病親知らずと整体西村歯科のカウンセリング遠方でも西村式顎関節症治療

顎関節症の原因



■顎関節症の根本原因■

根本原因は姿勢にあります
どうして姿勢が悪くなるのかそれは。


 悪い姿勢は座り姿勢から
・1日の中で一番長い時間している姿勢は?
・アンケートによると座り姿勢が80%に及ぶ
・これにより悪い姿勢は座っているときに作られる。


・座っているときの頭突き出し姿勢のまま立つと前のめりでバランスが悪いため
・お腹を前に出してバランスをとる。
・すると3の姿勢になる


・一度試しに顎を前に突き出してください パソコンをしていたらよくする姿勢です。
下顎が後ろに下がるために口の中が狭くなり食いしばるようになるのがわかるはずです。



・結局下顎を前方に突き出せば突き出すほど食いしばるようになることがわかる。


・今度は下顎突き出し姿勢から顎を後方に引いてください

・そうすると背中が持ち上がって姿勢が良くなり下顎が前に出て口の中が広くなる。
結局食いしばりにくい口腔内になる。


足の重心の位置によって姿勢が決まる

成人でも全長わずか20センチの足だけで身体を支えて立っている
人間は力学的にみてきわめて不安定な状態にあると言えます。
にもかかわらず安定して立ち、運動できるのは、筋肉や骨、関節が神経系の絶妙なコントロールによって、身体を常に安定した状態に保っているからです。
さらに重心が許容範囲の中に納まっていることが重要です。

一般的に重心の位置は、足底部のアーチ、つまり土踏まずの頂点に位置しており、解剖学的、力学的にも最も安定する部位になります。
最も安定した位置に足の重心があると、下腿筋群の活動が最も少なくなり少ないエネルギーで2足直立姿勢を保てる状態になります。無理なく姿勢を保つことができ身体の緊張がなくなり肩こり、首のコリ、腰痛も軽減されます。

足の重心の位置がずれると「立ち直り反射」※ と言われる反射機構が、必要な筋肉類に指令を送って姿勢を保っています。
これにより足の筋肉、背中の筋肉、首に姿勢を保とうとして筋肉が緊張して上半身でバランスを取ろうとします。
重心の位置が踵になると身体のバランスを取ろうとしてお腹を少し突き出して反り腰になってバランスを保とうとします。
反り腰になると頭でバランスを取ろうとして首に力が入り、顔が上を向くようになり下あごが後ろに後退してしまいます。
そうすると歯と歯の隙間がなくなり食いしばるようになります。
これが酷くなると肩こり、首のコリ、腰痛が重症化します。

※「立ち直り反射」
姿勢反射のひとつで、姿勢が崩れたときに、重心に抗して頭部や体幹を正しい位置に保ち、
直立姿勢を保つ反射です。





■顎関節症とは■
顎関節症とはアゴの痛みや口が大きく開かない顎がボキボキと音がするということを指しています。
これは食いしばりが原因で食いしばりさえしなければだんだん顎の状態は良くなってきます。

食いしばりには夜寝ている時のくいしばりと日中のくいしばりがあります。
日中の食いしばりは意識すると常に歯と歯を離すことができます。
でも治りにくい人はわかっていても日中くいしばってしまう人です。
夜寝ている時は意識できません。これが大きな問題なのです。
解決方法は食いしばっても身体に負担をかけない夜用のスプリントを装着してもらいます。
この装置を装着するだけで劇的に症状が改善される方が多くおられます。



夜寝ている時に装着する
下の歯1点でしか当たらないので身体への負担が少ない



※チョッとお願い!
来院されますときは「顎関節症でホームページを観た」と電話予約願います。
痛みがありお困りの肩はその旨を必ずお伝えいただき、出来るだけ早くご予約ください。


■(必ずお読みください)歯は不思議な生き物です■

 ある日、当院に「どうしても口が開かない!」ということでお困りの患者さんがいらっしゃいました。
そこで私が、お口の中を拝見したところ、原因になっている歯がわかりました。
私がその歯を軽くけずっていると、けずっている最中に、ずっと開かなくて困っていた患者さんのお口が、だんだんと開いていったのです。
信じられますか?  
たった一本の歯で、体の状態というのは、こんなにも変わるものなのです。

他にも、たとえば・・・・・・      
上の「親知らず」がのびて、下の歯ぐきに当たっていたり、それとは反対に、外側に向いてほっぺたに当たっていたりするとそれが原因で、体の動きが制限されて、口が開かなくなったり、肩こり、頭痛、頭痛、しびれが起こったりすることもあるのです。
こういう方は、親知らずを抜くと、パッと症状が消えたりします。

本人にとっては、どんなにかみ合わせが悪くても、それが小さいときから続いているので「当たり前」になってしまっています。
体の悲鳴に、気付かないのです。
しかし、そのままにしておいてはいけません。

当院は「O-リング・テスト」を利用して治療を行っています。

先ほど申しましたように、歯というものは不思議なもの。ほんの少し、けずるだけで、体にとって大きな変化が生じるのです。
ところが多くの歯科医師は、けずらなくてもいい部分までけずってしまうことがあります。
言うまでもなく、歯とは、一度けずったら、二度と元通りになりません。ですから、不必要な部分までけずってしまうということは、絶対にしてはいけないのです。
体にとって、「本当にけずるべき範囲」というのはとても小さな範囲です。
これは、人間の目や「長年のカン」などで、わかるようなものではありません。
当院で採用している「O-リング・テスト」を行えば、この「けずるべき範囲」がハッキリとわかります。
ですから、当院にとって「O−リング・テスト」とは、欠くことのできない顎関節症治療の「道具」なのです。



★また、下記のサイトも是非どうぞ!                
越久村歯科医院(京都府) 顎関節症の研究会の仲間です。』
西村歯科の顎関節症専門サイト「顎関節症ネット」はこちらからどうぞ!
他医院でのインプラント治療後の不具合、調整ミス、体調不良でお悩みの方は
「implant-ok.com」をご覧ください。 

 


大阪府堺市中区福田868-1向井ビル2F  TEL:072-239-1518 
E-mail:web@nishimura-shika.com
Copyright (C) 2002-2020  Nishimura shika. All rights Reserved